GTX 960 GAMING 4G

今日は、少し前に買い替えたビデオボードを紹介します(*’ω’*)
旧ビデオボードは、ゲームをしていると画質が悪いし重たい!!!という低スペックなやつでした…5年は、頑張って使いましたね~。

旧ビデオボードのスペック

GTX560Ti 1024M GDDR5 256B DUAL-DVI HDMI 発売日:2011/01/27

メーカー:Palit
CPU:GeForce GTX 560Ti
メモリ容量:GDDR5/1GB
出力端子:DVI*2、HDMI,、D-Sub
補助電源:6pin*2
コアクロック:822MHz
メモリクロック:2004MHz
ざっとこんな感じです。

そして新しいビデオボード!!
ちなみに規格が違ったのでマザーボードも規格にあったものに乗せ換えました☆
マザーボードは別記事で紹介します!

mis GTX 960 GAMING 4G

メーカー:mis
GPU:
NVIDIA GeForce® GTX 960
メモリ容量:4GB GDDR5 128bitメモリ搭載
出力端子:DisplayPort×3、HDMI、DVI 映像出力端子装備
補助電源:1x 8ピン
コアクロック: 1,241MHz(OCモード時)
メモリクロック: 7,010MHz
ブーストクロック 1,304MHz(OCモード時)
最大画面解像度: 4096×2160 @60 Hz
最大同時出力画面数:4

パッケージGTX 960 GAMING 4G 箱
パッケージの裏面
GTX 960 GAMING 4G

こんな感じです。カッコいい…

早速、開封!!!

付属品
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3
・補助電源コネクタ用6ピン→8ピン変換ケーブル※4
・DVI-I→アナログVGA変換コネクタ
・ドライバー

ボディはプラスチック製で大きなのファンが2基搭載されています。
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4

カッチョイいいーーーーー!!
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-8
ヒートパイプは、3本ついていました~!ロゴはLEDライトで光ります!!

装着!!!!
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-07-07-23-28-28

光った~(*’ω’*)!!
私の場合パソコンケースが中があまり見えない仕様なのであまり意味ないですが…

MSIゲームアプリをダウンロードするとLEDの点灯パターンや自分に合ったパフォーマンスの設定を簡単に行えます。

  • OCモード
    より高いクロックスピードと増強されたファン性能による最大のパフォーマンス
  • ゲーミングモード(デフォルト)
    ゲーム中のパフォーマンスと高い放熱性の両立をバランスよく実現できます
  • サイレントモード
    ファン作動によるノイズを最小限に抑えた快適な環境
などがあります(‘ω’)ノ
気になるのは、ゲームの動きや画質・・・
今回はDIVISIONで比較してみました☆
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2
天候が変わってしまいましたが左が旧ビデオボードの時の設定。
右が新しいビデオボードのMAX設定。
かなり画質が良くなりました☆
動きも前は30フレームくらいの動きでしたが60フレームバリバリ出るようになりました!!!
もうヌッメヌメ!!!笑
ストレスなくPCゲームを楽しめそうです!
Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA